2008年10月02日

「このハンドが好きだから」APPTソウルで日本人が29oで見事優勝!

 ソウルで開催されていたAPPT最終日、チップリーダー同士がフロップトップセット対フロップストレート完成の形で大きくぶつかり巨大なチップリーダーが誕生した中、その不利をものともせず、日本人2人がヘッズアップに進みました。そして最後は29o対A4oでフロップで9ヒットさせた、大阪の田坂仁宏さんが優勝し、賞金1億4,890万ウォンを獲得しました。


 日本のアマチュアが海外の大きなトーナメントを制したのは初めてのことです。日本の多くのプレイヤーに希望を与えたことと思います。

■関連サイト
APPT Seoul Final: Yoshihiro Tasaka Triumphs
Ichiban for Japan!: Tasaka Wins APPT Seoul
アジア パシフィック ポーカー ツアー(APPT)第2回ソウル大会にて、日本人初のチャンピオンが誕生
ポーカースターズ日本語blog
Yoshihiro Tasaka Wins 2008 APPT Seoul Main Event
(写真は別人)
APPT ソウルメインイベントで Yoshihiro Tasaka が優勝!!
■関連エントリ以下、動画
posted by tanabe at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

APPT2日目

APPTも2日目が終わりました。入賞の16名が3日目に進みます。日本人もがんばっています。


   ↓

PokerStarsのblogより


Day 2 chip count

Brian Kang (Canada) 302,000
Yoshihiro Tasaka (Japan) 245,000
Sam Faqiryar (Canada) 242,400
Hidenari Shiono (Japan) 154,700
Diwei Huang (Singapore) 131,300 (PokerStars Sponsored Player)
Daniel Schreiber (USA) 125,700 (PokerStars Sponsored Player)
David Horvath (Hungary) 92,500 (PokerStars Qualifier)
Wooka Kim (Japan) 44,900
Fam Kai Yat (Singapore) 41,200
Yuji Masaki (Japan) 39,000
Michiyuki Kondo (Japan) 37,100
Daniel Williams (Canada) 35,500 (PokerStars Qualifier)
Hori Katsiyoshi (Japan) 23,800
Kwok Gi (Ken) Yeung (Hong Kong) 21,800
Robert Campitiello (USA) 20,900 (PokerStars Qualifier)
Terry Gardiner (Australia) 16,100


■関連エントリ
APPTソウルに日本人多数参戦中!
■関連サイト
PokerNewsのLiveUpdate
PokerNews の記事
PokerStarsのblog(英語)
PokerStarsのblog(日本語)
posted by tanabe at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

APPTソウルに日本人多数参戦中!

26日より、ソウルのウォーカーヒルカジノにて、APPTというPokerStars主催のトーナメント(メインイベントのバイイン額300万ウォン)が開催されています。165人がメインイベントに参加しています。日本人のプレイヤーも多数参加されていて、結構な人が初日を勝ち残ったそうです。

■関連サイト:
PokerNewsのLiveUpdate
PokerNews の記事
PokerStarsのblog(英語)
PokerStarsのblog(日本語)



Japanese Contingent Going Strong

We can't help but notice the strong showing by the Japanese contingent here in this year's APPT Seoul event. Of the 165 starters, 35 players have registered themselves as being based in Japan and there are many "JPL - Japan Poker League" logos splashed across the hoodies of players still alive in the field. Of course local Korean players are prohibited by law from playing in this event, but with its close proximity to Tokyo, Seoul is an attractive proposition for those residing in Japan until they are able to one day host their own APPT event!

PokerNewsのLiveReportingより。
posted by tanabe at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

Part2:「いかに私は2684人の参加者からファイナルテーブルまで(図らずも)勝ち進んだか」

こちらの記事(WSOP2008の$1500イベント参加記)の続きが公開されました。

初日をアベレージ以上のチップ量で終えたはずなのに、Day2の開始時点で26BBしか持たないため、早い段階で大きな勝負を余儀なくされます。ボタンからのスチールをリスチールしようとしたら、それなりの手に引っかかったりしますが、なんとか引いたり、大きい勝負をいくつか制しながらファイナルテーブルにたどり着きます。WSOP$1500はディープスタックではなく、生きるか死ぬかの勝負を何回も余儀なくされることがわかります。この人はAAをこの日だけで5回も持っていたそうで、運の要素も強そうな感じです。

How I (Accidentally) Got Through 2,684 People to a Final Table - Part II より
posted by tanabe at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | CardPlayer誌より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたがリミットゲームをプレイすべき10の理由[CardPlayerより]


ノーリミットのポーカーは、大きなポットを獲ったときはとてもうれしいのですが、一方リバーでまくられたり、スロープレイにひっかかったり、勝っているハンドをブラフで降ろされたり、そういうことがあると割り切っているつもりでも、ストレスがたまることも多いゲームです。また、見栄えがすることからテレビなどはこぞってノーリミットのホールデムを取り上げることもあり、特にトーナメントではリミットのホールデムは完全な日陰者扱いです。

John Cernuto は、トーナメントで多数の実績を残している著名プロですが、リミットのポーカーをすすめています。
ローリスク(ローリターン)で、精神的にもよい、というところでしょうか。

また、オンラインの低レートのリミットホールデムのリングゲームを観ていると、正しいアクションを起こせる人が少ない感じがします。

10. 敵がリバーでドローに成功したとしても、失うのはたったビッグベット1回分で、ノーリミットのように50回分も失うことはない。
9. 敵のオールインの意味を読みきる代わりに、ベッティングパターンを観察することで敵の手を予想することが容易になる。
8. 敵のブラフに引っかかったとしても、たくさんの金を失う恐れはない。たった1ベット分だ。
7. 不正があるテーブルでも破産するまえにその状況に気付くことができる。
6. 確認コールが容易なので、敵がブラフをしてたのかマジ手だったのかで一晩中悩むことなく、ぐっすり眠れる。
5. あなたから単なるラッキーで勝った相手が、あなたにお金を返すために何度でも戻ってきてくれる。
4. へたなプレイヤーが間違いに気付いて修正することがなく同じミスを繰り返すので、あなたは何度もそれで儲けることができる。
3. ノーリミットでは調子の悪い状態が1週間が続いたら破産しかねないのに対して、リミットではたとえ1年間続いたとしても、プレイできるお金は残る。
2. たとえ毎日勝ち続けたとしても、相手はそれでもあなたのことを憎んだりしない。
1. 相手は最大の武器、すなわち「オールイン」を失っている。


Top 10 Reasons Why You Should Play Limit Poker
より、紹介。
posted by tanabe at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | CardPlayer誌より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

WSOP 2008 Episode 5 (Mixed Hold'em $5000 buy-in)

 Mixed Hold'em は、リミットとノーリミットのホールデムを1ラウンドごとに入れ替えた形のトーナメントです。続きを読む
posted by tanabe at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | WSOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WSOP 2008 Episode4 (No-Limit Hold'em $1500 buy-in)

下の"続きを読む”をクリックしてください。
続きを読む
posted by tanabe at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | WSOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

「いかに私は2684人の参加者からファイナルテーブルまで(図らずも)勝ち進んだか」

How I (Accidentally) Got Through 2,684 People to a Final Table -- Part I
http://www.cardplayer.com/magazine/article/17757

 あるプレイヤーのWSOP2008参加記。Limit Hold'em のshoot out イベントに登録するつもりが間違えて$1500のNLイベントに登録してしまった(すでに前日のNL$1500イベントで入賞し、丸二日プレイしてるので疲れていたし、参加人数が多すぎ競争が激しいので参加したくなかった)プレイヤーが、有名プレイヤーのスロープレイにひっかかったり、ブラフに成功したりしながらDay1を勝ち進みます。最終的にはファイナルテーブルに進出したようです。
 続編にも期待。
posted by tanabe at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | CardPlayer誌より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

WPT Legends of Poker で日本人プレイヤー活躍!

 アメリカ、ロサンゼルスのバイシクルカジノで8/24から開催された、"Legends of Poker”のメインイベントで、日本から参加したTakashi Shionoさんが15位に入賞しました。
↓バブルを飛ばしたところ。
続きを読む
posted by tanabe at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

WSOP 2008 Episode 3 (No-Limit Hold'em $1500 buy-in)

“続きを読む”をクリックしてください。続きを読む
タグ:WSOP2008
posted by tanabe at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | WSOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。