2015年03月08日

Holdem Manager2が立ち上がらない(PostgreSQLが原因の場合)

パソコンのディスクの引っ越しを行ったところ、ホールデムマネージャーが起動しなくなりました。
PostgreSQLNG1.png
これは、Windowsの起動時に自動でサービスがスタートするはずの、PostgreSQL Database Server 8.3の起動に失敗しているのが原因で、対処策はPostgreSQLのディレクトリ(PostgreSQL\8.3\data)の下にある、postmaster.pidというファイルを削除した上で、
postmasterpid.png
コントロールパネル→管理ツール→サービス→PostgreSQL Database Server8.3 を右クリック→開始 すれば、PostgreSQLのサービスが立ち上がりホールデムマネージャーも起動するようになりました。
PostgreSQLのpostmaster.pidはサービス起動中のみ生成されるファイルですが、今回ディスクのクローンを取って引っ越しを行ったため、前のプロセスのpidファイルが残ったままになったようです。
posted by tanabe at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415274141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。