2011年10月28日

PokerStarsのTime形式トーナメント

PokerStarsにTime形式トーナメントが新登場。通常のトーナメント(Regular)項目に入っていますが時計のマークが目印。定められた時間(15分〜3時間)が来たらゲーム終了。その時点でのチップ量に応じて賞金の分配額が決まります。ショートスタックのままトーナメント終了を迎えるとトリガミになることもあります。

先日、これの15分形式のものに参加してみました。
最初のレベルで大立ち回りを演じて
A9対KTで負け、残り200点弱。→SBから26oでオールイン。プリフロップで4人オールインだが、ストレート完成で1000点に戻す。→AAのが来たときに右隣のオールインにコール、もう一人コールしてKKと99。そのまま生き延び3500点くらいに。→QQでATとオールイン対決。リバーにAで1300点に。→BBのときJ2でミニマムレイズにコールし、フロップ2ヒットだけでチェックレイズオールインしたら相手はAハイノーヒットでそのまんま、となんとかこじ開けて、3000点台で生き残り、バイイン2倍くらいの結果でした。最後のレベルは、テーブル移動が2回あり、ほとんど参加する機会もありませんでした。トップクラスは、1500点スタートで12000点くらい取ってました。

ポイントは15分だったら最初の2レベルまでにリスクを取って突っ込む必要あり。最後のレベルはショートスタック(というか、アベレージ以下のプレイヤー)が一か八かどんどん突っ込んでくるので、下手に巻き込まれないように(いいハンドだったらリスクを取ってチップ量を増やしたいが)する。
不幸にも最後のレベルでショートスタックだったらどんどん突っ込むべき。で、15分トーナメントの場合、HyperSNGと同じような戦い方になるかと思いますが、それより豪快にみんな飛び込んでくる印象でした。

腕に自信あればもう少し長い時間のトーナメントの方がおすすめかもしれません。チャット欄でハンドが来ないとぼやいているプレイヤー多数でした。
posted by tanabe at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。