2010年06月01日

不正を働いたプレイヤー、WSOPより永久追放

Full Tilt Poker のblogによると、他のプレイヤーのチップを盗もうとする不正を働いたプレイヤーがWSOPから永久追放、という処分を受けました。

$1000のノーリミットホールデムのDay1Aのイベントで事件は起こりました。50代の銀髪の野球帽をかぶった男性が、レベル2の休憩直前のハンドで、そのハンドですでにフォールドして休憩にいってしまった隣のプレイヤーのチップを、自分が獲ったポットのチップを集める際にディーラーの隙をついて片手で盗ったそうです。
しかし、トーナメントの監視カメラにその行為は捕らえられており、そのプレイヤーはトーナメントエリアから連れ出され、トーナメントの失格はもとより、今後のWSOPイベントより永久追放されるという処分になりました。

ソース:
http://www.fulltiltpoker.com/poker-blog/2010/05/1023-2010-wsop-4-seen-and-heard-at-the-series-4-banned-forever.php
posted by tanabe at 12:26| Comment(1) | TrackBack(0) | WSOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。