2009年07月25日

ハイステークスキャッシュゲームの世界…

ライブでの最高レートのキャッシュゲームは、ラスベガス、ベラージオのポーカールームの奥にあるボビーズルームと呼ばれる別室で行われており、著名プロや腕自慢が集まってきます。最近は以前ほど頻繁には行われてはいないと聞きますが、このところ、WSOPでプレイヤーが集まっていたこともあり熱いアクションが繰り広げられているそうです。CardPlayerに以下のような記事が載ってました。とても参加できませんが、好奇心としては面白い記事です。


 ボビーズルームは毎晩のようにBigGameの常連が集まってくる。その中には、Doyle Brunson, Phil Ivey, David Benyamine, John Juanda のような著名人のほか、スウェーデンのErik Sagstrom や フィンランドのVille Wahlbeck といった海外からのプレイヤーもやってくる。

 この数週間、非常に大きな場が立っている、とプロであるDavid Oppenheim は語った。毎晩、$2000-$4000 の7ないし8種類のミックスゲームが行われ、時には$3000-$6000 にレートをあげて行われることもある。また、$1000-$2000 のポットリミットオマハは非常に頻繁に行われている。Andy Beal との勝負を除けば、知る限りラスベガスで行われた最大規模の勝負になっており、一時間ごとにポットは100万ドル規模にまで膨らむ。

 ボビーズルームの中での出来事はプレイヤーはあまり語らないものだが、プロはTwitterを通じて鼻血の出るレートのゲームの一部を語ることがある:
 Todd Brunson: "今晩のボビーズルームなかなかいい結果だった。Patrik (Antonius?)が来て30分の間に$300k勝つまではもっと勝っていた。"
" $2000-$4000 の8gameミックスをボビーズルームで、eli, Jen, Jonny Chan, Jeff Lisandro, Joe Cassidy らと遊んだ。

Doyle Brunson:"フィンランドから来た若僧とポーカーをした。彼らはここいらのポーカー経済にこの一ヶ月ダメージを与えている。"
"読者諸君は聞き飽きたことと思うが、ボビーズルームでプレイされているゲームのレートは上がり続けている。"
"1点$15000のチャイニーズポーカーをプレイした。5人テーブルで、2人待っている。どうなってるんだ。1時間に210万ドルが上下する。信じられないレートだ。

Jennifer Harman:今晩、キャッシュゲームをした。ボビーズルームでいろいろあった。早い時間帯、みんなは1点$15000のチャイニーズポーカーをしていて、今はBigGameをしている。


1点$15000のチャイニーズポーカーは珍しくない。Oppenheimによると、1点$5000のチャイニーズポーカーはもっと頻繁に行われているが、今年になるまではそんなレートですら行われていなかった。1点$5000のチャイニーズポーカーで、名前は不明だが$180万ドル負けたプレイヤーがいるという。1点$5000のチャイニーズポーカーは信じられないくらいのビッグレートで、プレイヤーはどのくらい高いレートということかを認識していたのだろうか。


WSOPが終われば、このような超ハイレートのゲームも収束するようにも見えるが、今のところ、しぶといハイステークスプレイヤーは暴れ続けている。



用語解説(適当)


BigGame:$2000-$4000以上のゲーム。しばしばミックスゲームで行われる。
Andy Beal との勝負:数年前、1000万ドル以上の規模で、Andy Beal という資産家が、ラスベガスの著名プロの集団とヘッズアップで超ハイレートリミットテキサスキャッシュゲームをした。Professor, the Banker, and the Suicide King, The: Inside the Richest Poker Game of All Timeという本になっている。
チャイニーズポーカー:4人専用(5人テーブルということは、順番に1人ずつ抜け番となってると思います)13枚ずつカードが配られ、3枚、5枚、5枚で役を作り、他のプレイヤーと比較する。
posted by tanabe at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | CardPlayer誌より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

世界最大のオンライントーナメント開催(追記あり)

 オンラインポーカーのPokerStarsは昨年12月に開催したトーナメントで、最大のオンラインポーカートーナメントのギネス公認記録を持っています(35000人)。その記録更新を狙ったトーナメントを日本時間20日(月・祝)午前3時10分から開催予定です。バイインは$1で(前回は$11)、賞金総額は$100000保証です。
 プレイヤーにとっては、10万人の参加者が集まらない限り、PokerStarsの持ち出しになるので、期待値プラスのトーナメントになります。これを書いている段階ですでに40000人近くの参加者が登録しています。日本からの参加は厳しい時間帯ですが…

追記(7/20)


今見たら、いつの間にか13万ドル保証になってました。参加者は65000人です。自分は開始時間だいぶ前に眠くなってレジストを取り消したので、よく事情はわかりません。なんできりのいい人数なんだろう。

さらに追記


自分はアカウントを持っていないので知らなかったのですが、FullTiltがStarsの昨年12月の記録更新を狙ったトーナメント(参加費$5、$25万ドル保証+$25万ドル持ち出し)を同じ日に開催しました。その予定
が明らかになった後、Starsがその日にぶつけて、このトーナメントを開催したようです。Starsの方がプレイヤー数は多いので、今後もFullTiltによる記録更新は難しそうです。

参考リンク


今回のトーナメントの開催案内
前回の記録達成時のプレスリリース
Play in the Biggest Poker Tournament in History!(Full Tilt Poker のトーナメント)
posted by tanabe at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

WSOP2009 ファイナルテーブル

 6494人の参加者を集めて行われていたWSOPのメインイベント(参加費1万ドル)は、本日、ついに残り9人に到達しました。そして優勝者を決める争いは11月7日に再開されます。

 超の付く有名プロの Phil Ivey が生き残りました(チップ量7位)。テレビ放映関係者もほっとしたことでしょう。他は完全なアマチュアプレイヤーからプロ、CardPlayer誌(アメリカのポーカー雑誌)の編集者が生き残ってます。

 なお、日本から数名参加したそうですが、今年は入賞した人はいなかったようです。とはいえ、初日からここまで2週間弱、日本の普通の会社員はここまでの長期休暇はなかなか取れず、参加しづらいでしょうね…
posted by tanabe at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | WSOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

WSOP 2009 メインイベント開催中

 ポーカー世界一を決める、World Series of Poker (WSOP) のメインイベント(ノーリミットホールデム、参加費$10000)が3日金曜日から、ラスベガスで開催されています。参加者は6000人くらいが見込まれ、初日は4日間に分かれて開催されます。初日は4レベル(1レベル2時間)開かれ、3/4くらいの参加者がDay2へと進みました。 日本からも何人か参加するようです。
 ファイナルテーブルは11月に開催されます。

関連リンク
公式サイト(音が出るので注意)
PokerNews(テキスト実況中継あり)
参考書:
殺人カジノのポーカー世界選手権 (文春文庫)

WSOPが今見たいに大きくなる前に、取材目的でWSOPに参加した記者があれよあれよという間に勝ち進むという実話ノンフィクション。ポーカートーナメントの雰囲気を知りたい方におすすめ。
posted by tanabe at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | WSOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。